2012年02月24日

堂場瞬一「久遠」

刑事・鳴沢了シリーズ、ついに完読!!
最後が上下巻やったから時間かかったけども。

なんだか最後は感動しちゃった。
最後の最後ではなく、最後のちょっと前。
(読んでない人にはさっぱり分からんと思うけど。笑)

ずっと人を寄せ付けず、歩み寄ろうともせず、
協調性もなく大人げもなく、
ただひとり、茨の道を歩いてきた鳴沢やけど、
あちこちぶつかって苦しんで、
それでもなかなか人に歩み寄れず、
でも気づけば自分を信じて支えて助けてくれる人ができてて。
数は少ないけど、ほんとに深いつながりができてて。

海くん、藤田、今さん、冴、ありがとう!って言いたい。笑



nagominoriko at 20:49│Comments(1)TrackBack(0)読書感想 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 千尋   2012年08月20日 06:50
今度は鳴沢がサブキャラですよ!

しかし終演して島とは、ちょっと残念。
と思って、新作「ラスト・コード」を読みましたが、鳴沢了や小野寺冴が脇役で出てくるのでびっくり。
若手刑事と少女の組み合わせは、意表をつかれました。こちらも面白かった。

そして「ラスト・コード」が本当に新たな
試みの第1歩だとする解説まで見つかったり。
www.birthday-energy.co.jp

新たな方向を打ち出すタイミングもバッチリ、
とのこと。
なによりこれからずっと調子よくいけそうだ、
という事でこれは期待ですね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
最新コメント