2012年02月

2012年02月29日

今邑彩「ルームメイト」

【あらすじ】

主人公の春海は大学入学と同時に、偶然知り合った麗子というルームメイトと共同生活を始める。
しかしある日麗子が失踪。
その謎を追う春海は、なぜか麗子が名前や化粧まで変えて2重3重の生活を送っていたことを知る。
大学の先輩の協力を得て調べていくと、麗子の死体が発見される。
果たして麗子は何者なのか。
なぜ、誰に、麗子は殺されたのか。


めっちゃおもしろかった!
文章的には単純というか、あんまり難しくないのよ。
でも内容的にはどんでん返しがあったりしておもしろかったわ。
最後も「えぇ!!!」って終わりやったし。笑


大量に買い込んだ本も、残りあと2冊。
また買わなきゃ~♪


nagominoriko at 21:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)読書感想 

2012年02月24日

堂場瞬一「久遠」

刑事・鳴沢了シリーズ、ついに完読!!
最後が上下巻やったから時間かかったけども。

なんだか最後は感動しちゃった。
最後の最後ではなく、最後のちょっと前。
(読んでない人にはさっぱり分からんと思うけど。笑)

ずっと人を寄せ付けず、歩み寄ろうともせず、
協調性もなく大人げもなく、
ただひとり、茨の道を歩いてきた鳴沢やけど、
あちこちぶつかって苦しんで、
それでもなかなか人に歩み寄れず、
でも気づけば自分を信じて支えて助けてくれる人ができてて。
数は少ないけど、ほんとに深いつながりができてて。

海くん、藤田、今さん、冴、ありがとう!って言いたい。笑



nagominoriko at 20:49|PermalinkComments(1)TrackBack(0)読書感想 

2012年02月19日

仕事ってなんだろう

タイトルのようなことを考えることが時々あります。

父の会社を辞めて外で働くようになって、3ヶ所の会社で働きました。
それプラス、父の会社の時代からずっと続けてた副業と合わせて4つ。
そのどこでもずっと感じていたこと。
『仕事に対する考え方のギャップ』です。

私の考えは
対外的な責任の有無は別として、それぞれの仕事に対する責任ってのは、
正社員であれ契約社員であれ、パートであれ派遣であれバイトであれ同じ。
給料がよくても悪くても同じ。
仕事の方法を考える時は、自分が楽かどうかではなく全体が効率よくいい具合に運ぶかどうかで判断すべきで
全体がうまく回る(=会社としての効率がよくなる)なら、自分が面倒だったりしてもすべきだし
逆に自分がとても楽な方法やとしても全体の流れが悪くなるのなら、すべきではない。
「できない」ことは悪ではないが、「できるように努力しない」ことは悪。
できないこと・分からないことがあれば、できる・分かるようになる為の努力をすべき。
仕事中であっても、仕事時間外であっても。
だって、そういうことがあるのに給料もらってんの、申し訳ないやん。

でも、今まで働いてきた場所には必ず、まったく違う、ゆる~い考えの人がいて。
パートやから適当でいい
時給に見合う程度しか働かない
自分がやりやすいかどうかで判断する
できないことをできるようになる努力をしない(むしろ開き直る)
そういう人に出会う度に、イラッとくる未熟な私がいます(^^;

かくいう私も、父の会社を手伝ってた時は、暇だったというのと甘えとの両方で、
なんともゆる~い、ゆるすぎる仕事の仕方でした。
てゆーか、1日の半分は遊んでたんではなかろうか。笑
仕事中にデスクでナンプレしたり、小説書いたり、本読んだり、編物したり。
まさに給料泥棒か!って感じ。笑
心のどっかで8万しかもらってないし~なんて、上で書いたようなことを思ってたんやろね。

そんな私が外へ出てみると、仕事に対する意欲に目覚めて。笑
(ま、家庭が1番大事だけども。)
私は正直「できない人」なんだけど、「できる人」になりたいという意識は超高くて(憧れ!?笑)、その為の努力もする方やから
もし短大卒業してすぐに外で働いてたら、めっちゃキャリアウーマンになってたんちゃうかと言われるくらい。
怠惰に仕事をしていた11年、もったいないことをしたかしら。笑
まぁそれも人生経験ってことで。笑

そんなこんなで、ゆるい人にイラッとする自分と、イラッとする自分にアカンなぁと呆れる自分がいます。
(イラッとする自分のほうが圧倒的に勝っちゃうけど。笑)
本当は、イラッとするのではなく、そういう人を見てもっと自分を律していけるのがベストなんだけど、
イラッとするのをなくすことはなかなか難しい(^^;
人生、勉強ですね。



nagominoriko at 11:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)日記 

2012年02月13日

堂場瞬一「偽装」

刑事・鳴沢了シリーズの第9弾。



鳴沢がいる西八王子署管内で少年が保護された。
その少年は日本語が分かるようではあるのだが、何もしゃべろうとしない。
周囲の人間すべてに敵意をむき出しにするかのような態度だったが、
鳴沢は少年の心を開きかける。
そんな時、少年が姿を消した。
少年の行方を探し始めた鳴沢は、その少年が日系ブラジル人であることを知る。
日系ブラジル人が大勢住む町に飛んだ鳴沢。
さらに調査を進めると、少年の失踪の裏に隠された謎がチラホラと見えてくる。



切なかったね~、この話は。
なんで!?って腹も立つし、悲しくもなるし。
あと、ここまでの地域があるのかどうか知らんけど、
こんな関係って寂しいなって思うなぁ。
まぁ、文化も育った環境も違えばある程度はしょうがないのかもしれんけど。


いよいよ次は、シリーズ最終の作品。
(私が買ってから出てなければね)
次は上下巻あるので、時間がかかりそう♪


nagominoriko at 07:47|PermalinkComments(2)TrackBack(0)読書感想 

2012年02月10日

日本歴史占い

大河ドラマ見てて、ふと思い出してやってみた。
「日本歴史占い」
http://woman.excite.co.jp/fortune/rekishi/


【北条政子タイプ】
分析力、計算能力に長け、発言や行動の一つひとつが的確で論理的。
目標を掲げるのが好きで、決めたことを決めた通りにやらないと落ち着きません。
トラブル時でも、水面下で問題解決に乗り出す影の大物。
政子は頼朝の死後、政治的発言を始め、独裁政治を阻止。
私心の入らない公明正大な判断で、反対する者は息子であろうと追い払います。
自分のルールを乱されると一気にキレるので、あなたを「コワイ」と思っている人は案外多い。

■頭脳・知識
分析が得意。失敗したら、何故失敗したかをシミュレーションしておく念の入れよう。
頭の中で、いつも合理的な方法を考えている。
時には計算高いと思われることもあるが、それは無駄が嫌いだから。

■センス
論理的思考の持ち主なので、脈絡のない話や軽い冗談を正面から受け止めて悩んでしまう。
ノリはかなり悪い。
しかし、客観的な判断力やバランス感覚に優れているので、重要な場面では信頼される。

■感情
目立つのは苦手なほう。
人前に出てプレゼンをするより、プレゼンのために完璧な資料を作るほうにやり甲斐を感じる。
しかし、いざというときは慌てず、騒がず、堂々と表舞台に立つ度胸の良さがある。

■外見・言葉
悪気はないのだが、瞬時に本質を見抜いてしまうので、相手をギャフンといわせるようなきつい一言が出てしまう。
自分にも他人にも厳しく、「これをしないと駄目」という自己主張が強い。

■行動
常識や礼儀作法にはうるさい良識派。
整理整頓は完璧で、小物入れや冷蔵庫などはひんぱんにチェックを入れる。
しっかりとスケジュールを立てて、順番にこなしていくのが好き。
目標があると頑張れる。


結構当たってる!?
特に「人前に出てプレゼンをするより、プレゼンのために完璧な資料を作るほうにやり甲斐を感じる」のくだりとか。笑


nagominoriko at 07:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

2012年02月08日

よろしく☆

前に書いた電子書籍化。
ようやく全部終了しました!!

右側にザザザッと並べてますので、気が向いたら読んでみてください。
ダウンロードもできますよ~
(もちろん、無料です)

そして、読んで下さった方は感想ももらえるとすっごく嬉しいです♪
よろしくお願いしまーす☆

nagominoriko at 14:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

2012年02月05日

堂場瞬一「被匿」

刑事・鳴沢了シリーズ第8弾。

アメリカから帰った鳴沢は、西八王子署に勤務していた。
赴任直後、地元の代議士が不審死を遂げ、
ろくに捜査もしないまま、事故と断定される。
代議士の死は本当に事故なのか?
それとも自殺なのか、他殺なのか…
疑問に感じ捜査を始めた鳴沢は、旧知の人物へとたどり着いていく。



ようやく鳴沢が人間らしくなってきました。笑
相変わらず無鉄砲というか、協調性はないんだけど、
でもちょっとずつ人とうまくやっていけるようになってきた鳴沢を見ていると
ダメな子が育ってきた感じもします。笑


nagominoriko at 14:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)読書感想 

2012年02月02日

目指せ!

昨日は久しぶりに友人2人とランチ。

短大で出会って仲良くなって、でも卒業後はそんなに頻繁には会ってないねんけど、
こうやってたまに会っておしゃべりする感じです。

2人とも2児の母やねんけど、相変わらずキレイ。
母業、妻業、仕事もしてて忙しいはずやのに、きちんと自分のことに手がまわってる感じ。
私も見習わないとなぁ。

周囲には常に同じ服で常にスッピン(ランチとか行くときでさえ)で、
子供のこと以外に会話のネタがないような人はいるらしく、
そういうのって、人間としての魅力に欠けるやん?
年はいくし、メンテナンスにお金もかけられへんけど、
人間として魅力的でいるように、いつも楽しく輝いていきたいねって話してました。

あと2年で40代になるけど、年下の人に「こんな40代になりたい!」って思ってもらえるような40代を目指そう!って
最後には3人で決意を固めました。笑


nagominoriko at 07:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 
livedoor プロフィール
最新コメント